NEW POST

リッターシュポルト(Ritter Sport)の郷

こんにちは。アンサンブラウの和喜多です自動車産業が有名で機械系の見本市が多く開催されるバーデン・ヴュルテンベルク州の州都シュトゥットガルトですが、中央駅の構内に高く積まれた板チョコのオブジェがあるのを皆さんご存知でしょうか。待ち合わせ場所として地元の人々に親しまれているこのカラフルなチョコレートのパッケージよく見てみるとそう、みなさんご存知の「リッターシュポルト」です。今日はシュトゥットガルトの西にあるリッターシュポルトの郷を紹介します。


e0026812_21380062.png
                                            リッターシュポルトのチョコレート(公式HPより)



e0026812_21374794.jpg
シュトゥットガルト中央駅の待ち合わせ場所として知られているオブジェ


リッター家とチョコレート

1912年にリッター夫妻が創業したチョコレートと砂糖製造工場がリッターシュポルトの発祥です。スポーツ(ドイツ語で「シュポルト」と発音)をする際にスポーツウェアのポケットにぴったり入るサイズのチョコレートをと、当時長方形が主流だったチョコレートの形を正方形に変えて売り出しその後ブランド名に「SPORT」を加え今ではドイツを代表するチョコレート会社としてすっかり定着して、世界中の人々に愛されています。そして手を汚さず簡単にチョコレートを割って取り出すことができるパッケージにもこだわりが感じられます。スポーツの後は甘いものが欲しくなりますし、仲間たちとチョコレートを分け合って食べるさらに幸せな気分になります

チョコレートができるまで

そんなリッターシュポルトのチョコレート工場は緑に囲まれた小さなヴァルデンブッフWaldenbuch)にありますおすすめは工場敷地内にあるチョコレート博物館創業から今日にいたるまでの歴史がパッケージの変遷などとともに紹介されているほか、カカオからチョコレートに加工されたあと包装され出荷されるまでの様子のビデオ上映されていますしかもこの博物館は入場無料。子どもたち向けのチョコレートづくりワークショップなども開催されます(予約制)そしてその博物館一階にあるのはなんとリッターシュポルトのアウトレットショップ! 定番の味に加え、季節限定のエディションなど、広い店内に所狭しと並ぶカラフルなチョコレートは圧巻です。チョコレートをモチーフにした、リッターシュポルトカラーの雑貨や文房具、Tシャツなどもあり、チョコレートとセットでお土産にするときっと喜ばれます

e0026812_21375417.jpg
チョコレート博物館内


チョコレートと一緒に芸術も

隣接する美術館では、モダン絵画を鑑賞することもできます。「リッターシュポルト」をイメージさせる絵画ばかりが収集された不思議な空間。興味がある方は是非こちらもお楽しみください。そして絵画鑑賞のあとは隣接されているミュージアムカフェへ。工場のすぐそばにあるこのカフェは甘い香りに包まれていて、いつも多くの人でにぎわっています。カフェの前に広がる公園は、地元の人々の憩いの場所にもなっているようです。見どころいっぱいのリッターシュポルトの郷シュトゥットガルトにお越しの際はたっぷり時間を作って、是非訪ねてみてはいかがでしょうかシュトゥットガルトからヴァルデンブッフへは、S1で約20分。ベーブリンゲン(Böblingenでバス760に乗り換えて約30分。バルデンブッフポストアムト(Waldenbuch Postamt下車。徒歩5分。


参考http://www.ritter-sport.de/en_US/Visiting/index.html(英語)


☆読んでくださってありがとうございます☆
弊社のウェブサイトも、ぜひご覧ください!



[PR]
Commented by NT at 2017-09-28 06:47 x
リッタースポーツ!私はアーモンドソルト味にはまってます。
by ensemblau | 2017-09-26 09:00 | グルメ・ショップ情報 | Comments(1)

欧州とアジアでの海外展開を、「チームワーク」と「現地力」を活かし、全力でサポートしています。見本市、通訳・翻訳、PR、イベント、市場調査等お役立てください! www.ensemblau.com 


by ensemblau