NEW POST

Green Ventures 2017

こんにちは!アンサンブラウ・ベルリン班です。
日本では今年は少し遅めに桜のシーズンを迎えたようですが、こちらドイツのボンではそれに先駆けて、八重桜が満開になっていました。
もちろん日本までとはいきませんが、ドイツにも意外とたくさん桜の木(種類は色々)があって、お花見を楽しめるんですよ!
e0026812_16134542.jpg
旧西ドイツの首都、ボン市の中心部にある見事な桜並木。
日本人に限らず、毎年楽しみにされている市民の方も多いようです。

さて、ポカポカ陽気に花も咲き出し「ようやく春が来た!」と喜んでいたのも束の間、そこはドイツのお天気、日が陰ったり夜になるとまたすぐに冷え込んで、コートが必要になることも…。
現地在住の私たちでもこの急激な気温の変化に対応するのがしんどく感じられるくらいですので、近々日本からご出張にいらっしゃる方は、どうか冬物と春物の両方をスーツケースに詰めてお越しくださいね!

そんなお天気ではありますが、ベルリンの街路樹にはちゃんと若葉が芽生え、緑の美しい季節が着々と近づいています。
そしてこの爽やかな時期に相応しく、先週5日から7日までの3日間、環境・エネルギー技術関連の国際協力フォーラム 「グリーン・ベンチャーズ(Green Ventures)」が開かれました。
ベルリンのお隣、ポツダム市の商工会議所が主催する同フォーラム、20回目を迎える今年は日本をパートナー国としてJETROさんとの共催で行われ、私たちも参加させて頂きました。

今回の会場となったのは、ベルリンから鉄道で1時間強のところにあるザクセン州の都市、ライプツィヒ。
戦前に建てられた美しい建物が数多く残り、またバッハが活躍した教会のある音楽の街としても有名です。
まず1日目は新市庁舎にてライプツィヒ市から日本関連の参加企業向けにご挨拶とプレゼンテーションがありました。
上記のような観光の見所はもちろん、ポルシェやBMWなどの有名メーカーが工場を構え、また学生の街としても知られているライプツィヒは、近年ドイツの中でも特に経済成長や人口の増加が著しい街であることなどが紹介されました。
その他に驚いたのが、ライプツィヒが日本との関係を非常に重視しており、市の代表の方々が定期的に日本を訪れたり、独日協会の方々が大変熱心に活動を行っておられるということ。
加えて欧州最大のマンガ見本市も開催されるなど、日本と何かとつながりがあり、またそれをとても大事にしてくださっている街であることがよく伝わってきました。

そして2日目には、ライプツィヒの見本市会場にてフォーラム参加者間の個別ミーティング、またドイツを含めた海外企業向けの日本進出セミナーが行われました。
このセミナーではJETROさんから日本への投資を考える企業へのサポート体制のご紹介や、実際にドイツ企業の日本進出に関わった経験を持つコンサルティング会社の方からのアドバイス、また成功例のひとつとして、現在日本でビジネス展開しているドイツ企業の方からのお話などがありました。
その中で「日本進出にあたっては、文化の違いがあることを認識し、そのためのトレーニングを行うことが重要」というお話が何度かあったのですが、それはもちろん日本からドイツへ進出しようとする場合にも大切なことであり、そういった異文化間のハードル的な部分においてこそ、日欧の文化をまたぐ私たちのような会社がお役に立てるところではないかと感じました。
e0026812_16141601.jpg
フォーラム2日目の会場となったライプツィヒ見本市会場の、その名も「ガラスホール(Glass Halle)」。
一階ではゴミ処理やリサイクル、環境資源保護をテーマとした見本市、Terratecが同時開催されていました。

また2日目には在独日本大使も現地にいらっしゃり、新市庁舎にてパートナー国日本主催のイブニングレセプションが開かれました。
各国のフォーラム参加者が日本の伝統音楽や日本酒、お寿司などの日本食を楽しみつつ、和やかな雰囲気でネットワーキングを行っていました。

そして3日目は見本市会場でのアフリカ関連のセミナーと2種類の現地企業視察ツアーが用意されており、私たちは日本関係者向けの視察プログラムに参加させていただきました。
このツアーでは国際貨物輸送の世界最大手・DHLの航空ハブ、更に高級自動車メーカー・ポルシェの工場と、1日でドイツを代表する二つの企業の施設を見学する大変貴重な機会を頂きました。
どちらの場所でも最新鋭のシステムとそこで働く従業員の方々の熱心なお仕事ぶりに感銘を受け、またビジネス拠点としてのライプツィヒの魅力や可能性についてもよく知ることができました。

三日間を通じて大変充実したプログラムをご用意くださったポツダム市商工会議所とJETROベルリン事務所の皆様に改めてお礼を申し上げるとともに、今後弊社でもドイツ東部でのお手伝いの機会を増やしていけるよう、努力していきたいと強く感じた今回のフォーラムでした。

関係者の皆様、本当にありがとうございました!

[PR]
by ensemblau | 2017-04-13 06:59 | 見本市・イベント | Comments(0)

欧州とアジアでの海外展開を、「チームワーク」と「現地力」を活かし、全力でサポートしています。見本市、通訳・翻訳、PR、イベント、市場調査等お役立てください! www.ensemblau.com 


by ensemblau