NEW POST

アンビエンテの市場規模

こんにちは、アンサンブラウの青山です。
いよいよ明日から、2017年のアンビエンテがフランクフルトで開催されます。
すでに設営のお手伝いに入っている者もおります。
スタッフ全員、今年もしっかり役に立てるよう準備をしております。
どうかよろしくお願いいたします!

アンビエンテ開催に先駆け、昨日、主催社のメッセフランクフルトより、
欧州でのアンビエンテに関連する市場の規模や成長率についてのレポートが
発表されました。
とても興味深い内容でしたので、駆け足でお伝えします。

アンビエンテ市場、と書きましたが、少し具体的に挙げると、
グラス等のガラス製品
陶器・磁気
家庭用品
小型家電
小型家具
宝飾品
ガーデン家具・グッズ
レザー製品
アクセサリー
デコレーション製品
が主になります。

このアンビエンテ市場での2015年のEU27か国(5年間の調査プロジェクトのためクロアチアは含まれていません)の売上総額は1,111億ユーロ(約13.3兆円以上)、世帯当たり平均消費額は496.59ユーロ(6万円弱)であったと発表されました。
成熟市場とされる中央・北ヨーロッパ諸国、ドイツ、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、UK、アイルランド、ルクセンブルグ、オランダ、オーストリア、スウェーデンでの売上は全体の65%を占め、世帯当たり消費額も568.99ユーロ(約68,000円)と平均を大きく超えています。
EU市場は、今も成熟市場が主力であると言えそうです。

e0026812_13311228.jpg
Management Report, Messe Frankfurt
*地図、少し見えにくいかもしれませんが、ピンク色の部分が成熟市場国、赤色が注目の東欧次世代成長国です。

一方で、成長率が高かったのは東欧諸国、中でもブルガリア、エストニア、ラトビア、ルーマニア、スロバキア、ハンガリー、キプロスといった次世代成長国で、過去5年の成長率は+3.55%。
それでも世帯当たり消費額はまだ小さく、218.41ユーロ(約26,000円)です。
*EU全体の成長率は+1.58%、上記の成熟市場国も東欧次世代成長国に次ぐ成長率で、+2.59%となっています。

アンビエンテの来場者内訳をみると、ドイツからの来場者が半数弱、ドイツ外からの来場者のうち約半数がEU諸国からです。
残りの約半数、全体の4分の一の多くは、日本を含めたアジア諸国と米国となっています。
明日からのアンビエンテには、この13兆円市場をけん引するバイヤーが来場者全体の75%を占め、さらに残りの25%は、
成長著しいアジア諸国と、色々な点で注目の米国からのバイヤーが総集合する場となりますね。すごい場所です!

明日から5日間、日本企業のお客様がこの欧州ナンバー1のマーケットチャンスでより多くの収穫を得ていただけるよう、
私たちも全力でがんばります!!




[PR]
by ensemblau | 2017-02-09 13:33 | マーケティング | Comments(0)

欧州とアジアでの海外展開を、「チームワーク」と「現地力」を活かし、全力でサポートしています。見本市、通訳・翻訳、PR、イベント、市場調査等お役立てください! www.ensemblau.com 


by ensemblau